24期Q1のELEMENTS Engineer Meetupを開催しました!

こんにちは。ELEMENTS・VPoEの渡邉です。ELEMENTSではグループ全体の開発部のメンバーで四半期に一度集まって交流するEngineer Meetupを開催しています。記念すべき第一回は昨年の3月に開催していて、当時から私が幹事として場所の手配やグループワークのお…

\実績を支えるのは高い“チーム力”/ ELEMENTSのメインプロダクト「LIQUID eKYC」について、エンジニアメンバーにインタビューしました!

こんにちは。ELEMENTS・CTOの大岩です。今回のブログは、当社プロダクト「LIQUID eKYC」インフラチームのメンバーインタビューをお届けします。 2019年の誕生から今日までその累計認証回数を伸ばし続け、今年2月にはついに4000万件を突破。今やELEMENTSのメ…

R&Dから生まれた画像生成AIサービスを紹介します!

こんにちは、ELEMENTSのR&Dグループで画像生成AIをメインで担当している藤澤です。 今回は私たちが取り組む画像生成AIサービスについての紹介をさせて下さい。 自己紹介 サービスが生まれた背景 サービス内容 開発体制 仕事の楽しさ 自社だからできること 今…

ELEMENTS Engineer Meetup を開催しました!

こんにちは、ELEMENTSのCTOの大岩です。今回は、先日開催されたElements Engineer Meetup の様子をお伝えしたいと思います。 はじめに ELEMENTS は、下記のチームに分かれています。 Liquid:オンラインで本人確認や当人認証を行うサービス「LIQUID eKYC」と…

Terraformのコードを改善したい!|DRY原則/for_each編

こんにちは!Liquidインフラチームの上原です。 この記事では、Terraformのコードリファクタリングについて解説します。 Terraformを使っていて、コードが増えてきて読みにくい…など、同じ悩みを抱えている方の助けになれば幸いです。 導入 Liquidではインフ…

技術書典イベントと軌跡を密着レポート!

みなさんこんにちは!Liquid Sales担当の岡野です! 池袋で行われた「技術書典13」について、なんとLiquidの有志メンバーが技術書を制作し、本イベントに出展いたしましたので、一参加者としての目線でお伝えしていきます! 今年のイベントはオフラインとオ…

CTO大岩が慶應理工学部の講義に登壇しました!

こんにちは、Liquid広報です。 5月11日(水)に行われた慶應義塾大学理工学部の講義「理工学概論」に、CTO大岩が講師として登壇しました! 理工学概論とは、毎回、様々な分野で活躍する人が講師として招かれ、最先端のトピックスを紹介する講義です。 大岩は…

人はディープフェイクを見分けられるのか

はじめに こんにちは、Liquid CTOの大岩です。 顔認証の精度はディープラーニングの登場によって格段に上がり、手軽な生体認証としての市民権を確立しつつあります。同時に顔認証に使用する顔画像はフォトショップでの修正やDeepfakeによって容易に改ざんで…

Systems ManagerがWindows Serverインスタンスを認識してくれないときの対処法

こんにちは。 Liquidインフラチームの上原です。 この記事では、EC2 for Windows ServerをSystems Managerで運用する際に困った話と、 その解決策についてご紹介します。 背景 LiquidではインフラにAWSを採用しております。 私が入社して数ヶ月が経ったある…

開発環境のAmazon Auroraクラスターを利用時間外に自動停止してコスト削減する

はじめに こんにちは!Liquidインフラチームの野々山です。 この投稿では、AWS EventBridgeとAWS Systems Managerを用いて、Amazon Auroraクラスターの起動・停止を自動制御する方法を紹介します。 サンプルのterraformコードも掲載していますので、もし機会…

オンラインボドゲシステム

おはこんにちは、Liquid R&Dチームの布目です。 Liquid R&Dチームでは、eKYCの顔撮影時の偽造検知の実験や開発を行っています。今回は偽造検知などは置いておいて、オンラインでボードゲームをやるためのシステムを作成した話をしたいと思います。 今回作成…

Liquidの社内勉強会devconfの様子を紹介します

CTOの大岩です。 Liquidでは毎月、社内勉強会であるdevconfを開催しています。開催の様子を、いくつかの過去の発表について軽く触れながら紹介していきます。 devconf の運営について 当初はオフィスの会議室で毎週していたのですが、去年からコロナの影響に…

karateを使ったAPIテストの自動化

こんにちは。QAチームのhanです。 LiquidのQAチームでは、リリースをする度に実施する回帰テストを、正確且つ迅速な結果を得るために、テスト自動化を推進しております。 今回はkarateというテストフレームワークを使ったAPIテストの一例を紹介させて頂きま…

Goにジェネリクスが入るので、調べてみた。

はじめまして! Liquidのバックエンドエンジニアの谷口と申します。(画像左) GoでLiquid eKYCや新規プロダクトの開発を行っています。 ジェネリクスのproposalがacceptされたので、調べてみました。 今回解説するproposalの範囲 このproposalではtype listと…

3DDFA形式3DMMを用いた感情(表情)移植

はじめに Liquid R&Dチームの小倉です。今回は3DDFAを用いて顔画像からその感情の表出であるところの表情を抽出し、それを他人に移植することで間接的ですが感情の移植を試みたいと思います。 感情移植イメージ 手順 以下の流れで感情(表情)を移植します …

令和時代の人体錬成

おはこんにちは、Liquid R&Dチームの布目です。 Liquid R&Dチームで現在重点的に取り組んでいることに、eKYCでの顔の真贋判定があります。この記事では真贋判定について簡単に解説します。また真贋判定をより頑強にするための、顔3次元復元+3Dプリンタで人…

Goでスタックトレースを上書きせずにエラーをラップする方法

こんにちは。eKYC開発チームの藤本です。 eKYCのサーバーサイドではpkg/errorsパッケージを使用してGoのスタックトレースを記録しています。スタックトレースは標準のerrorsパッケージではサポートされていませんが、エラー発生時のスタックトレースがわかる…

Liquid が目指すものと技術組織の取り組み

こんにちは、Liquid の CTO の大岩 ( @ooiwa ) です。 Liquid という名前を聞いたことがあるでしょうか? ご存知な方は、生体認証、eKYCという言葉を思い浮かべるかもしれません。僕たちは、LIQUID eKYC というB2B2Cのサービスを作っています。一言でいうと、…